Archive

特集情報

鋳物砂膨張計(EOS-3)用 試験片焼成機(オプション品)

HP1.png
装置全体
HP2.png
試験片



"製品名 鋳物砂膨張計(EOS-3)用 試験片焼成機(オプション品)
型 式 MODEL TPCM
販売価格 ¥1,080,000
<概要>
鋳型の熱膨張量を精度良くまた再現性高く測定できる鋳物砂熱膨張計(EOS-3型 オザワ科学製)で使用する測定用試験片(テストピース)を作製する装置です。
<特徴>
・鋳物砂熱膨張計(EOS-3)で測定する鋳物砂試験片の材料は、主にレジンコーテッドサンド(珪砂を一粒ずつフェノール樹脂でコーティングしたもの)で、高機能・高信頼性があります。
・試験片の作製方法としては、一定量のレジンコーテッドサンドを専用の流し込み器(木製)を用いて、250℃±5℃で加熱された専用の金型に流し込み、金型上の余分なコーテッドサンドを払いのけ、240秒の焼成時間経過後に抜型し、常温まで放冷して試験片の出来上がりとなります。
・金型はカートリッジヒーターで加熱され、サイリスタを用いて連続PID制御で昇温加熱・保持が可能です。
・本装置は、一回の焼成で試験片(22mm×50mm)を2個作製可能です。
<仕様>
使用温度(金型)  250℃±5℃で使用
使用発熱体     カートリッジヒーター
           ・φ10×70mm(100V-150W) 4本
           ・φ12×100mm(100V-200W) 1本
熱電対       シース熱電対(K型) φ4.8×110㎜
温度制御      パワーコントローラ(オザワ科学製)を使用した温度制御
         デジタルプログラム温度調節計によるSCR+マッチング変圧器 駆動PID連続制御
安全回路      漏電ブレーカ・過昇温防止・バーンアウト回路付
外形寸法      500(W)×430(D)×800(H)mm (突起物を含む)
制御電源      AC100V 20A
供給電源 AC100V~AC240V(制御電源へダウントランスを用いて対応)"

一覧に戻る >